ホームSOHOアカデミーとは

SOHOアカデミーとは

学校の「集団授業」についていけない子どもほど伸びしろがある

学校は生徒数十人に対して先生が1人の集団授業。

1人の子に合わせて授業を行っていると授業は進んでいきません。

 

その為ちょっと勉強が苦手な子どもたちは質問も出来ずに、“わからないこと”がどんどん蓄積され、学校の勉強に「ついていけない」という状態に陥ってしまいます。

 

もしかしたら“わからない”ということが恥ずかしくて隠してしまったり、勉強から逃げてしまうようになるかもしれません。

しかし、わからないことがある、ということはわかるようになる可能性があるということ。

 

わからなかった問題がわかるようになればそれだけ成績が伸びる可能性があるということ。

 

そう、子どもたちはいつだって可能性で満ち溢れているのです。

 

勉強が出来ない、わからないことは決して恥ずかしいことではありません。

子ども達にはわからないことをちゃんと相談できる相手が必要なのです。

1人1人の苦手分野や個性としっかり向き合う「個別指導」

SOHOアカデミーの授業は、個別指導。

1人1人の生徒に対し、集団授業では出来ないきめ細やかな指導が行える為、生徒一人ひとりの「わからない」や「苦手」としっかり向き合って指導することができます。

わからないことをどんどん質問できる環境だからこそ、子どもたちは自分の苦手なこととしっかり向き合いながらも、自然と勉強に励むようになります。

 

「先生、これってどういう意味なんだろう?」

「先生、この問題って、こういう場合はどうなるの?」

 

SOHOアカデミーでは子どもたちが積極的に質問をしてくれます。

 

そして私たちは問題の答えを教えることだけでなく、問題の答えを導き出す為の過程や考え方までしっかり指導していきますので、自然と応用力もついてきます。

 

 

子どもたちの持つ潜在能力は未知数だと感じています。

限界を決めつけることなく、子どもたちがもつ可能性を大いに信じながら指導にあたっていくことをお約束いたします。

SOHOアカデミーのいいところ